カキとウニ

カキがおいしい季節になりました。でも残念ながらダンナも子どももカキがあまり好きではないので、我が家の食卓にはカキはでません。わたしも生ガキはあまり好きではないのですが、カキフライはけっこう好きなんですよね。生ガキには実はあまりいい思い出がなくて、昔、会社に勤めていた頃の忘年会で、生ガキが出たのですが、みんなで食べたら何人かがお腹をこわしてしまいました。

結構ひどかった人もいたみたいで、わたしもひどいことにはなりませんでしたが、それ以来、生ガキはちょっとね・・・。わたしが住んでいる地域は山国なので、本当にとれたての新鮮な魚介類には、あまり縁がないんですよね。テレビのグルメ番組などで、海からとったばかりのカキを、その場で開いて食べるというシーンをよく見ますが、あれならホントにおいしいんだろうな、と思います。

「ちょうどいい具合に塩味がしますね~」なんて言いながら食べてみたいです。とれたてならきっと生臭くないんでしょうね。そういえば、友達が佐渡に旅行に行った時、浜辺で地元の人がウニをとって食べていたそうです。すっごくうらやましくて、食べてみたかったんだけど、声をかけることもできず、その人たちが立ち去ったあと、残していったウニの殻にちょっとだけウニが残っていて、つい我慢できずに食べてしまったのだとか。それがものすごくおいしかったという、悲しい話もありましたが、とれたてだったらカキにしろウニにしろ、絶対おいしいに決まってる!!ああ、食べてみたい。